テレフォンセックスで抜いてみた

「テレフォンセックスで抜いてみた」ではジャンル別のテレフォンセックス・ツーショットダイヤルを徹底紹介! 「抜ける」どスケベ番組がスグに見つかる!

名人倶楽部口コミ

テレクラを背景にみる2016年の出会いサービス

2016.10.14 投稿者:きみお 【利用番組】名人倶楽部

最近はテレクラキャノンボールというAVのパロディ番組でもブーム再燃の兆しがみられるが、果たしてそもそも若者達の間でその「テレクラ」という言葉がどれほど認知されているのか?
全国の繁華街でひたすら派手に看板を輝かせていたリンリンハウスは今や陰りを見せ始めた現在。
この情報化社会での「音声による異性紹介ツール」としては、ここで一旦終焉を迎えたのではないかと感じている。
法律の規制や世の中のデジタル化に伴い、アナログによる侘び寂びは少しずつ、人の心の中から影を潜めていった。
18歳の女子生から、不倫大歓迎の人妻、一緒にホテルに行けばホテルを出してくれた50過ぎのおばさん。あの入れ食い状態の時代はどこにいったのか。
「時代の変化」という言葉だけで片付けてしまうにはあまりにも、寂しい。
今では多くの企業が「マッチング」という耳障りのいい言葉で、偽物の「出会い」の押し売りを始め、ちまたには人妻系激安デリヘルが急増。
それは、空虚な出会い系ごっこでしかないのだ。
男女の出会いというのはそんなものではないはず。
 リアルにこだわり、表情や声に表れる悲喜交交があってこそ終着地点での満足感を得られるのではないかと思う。
女性に対する金が発生すると俄然冷めてしまうのは、自分だけだろうか。
風俗なんてその最たるもので、ここで極論をいうと、いくら見た目がいい女性が相手であっても、金を払えばサービス面では思い通りになり、
行為に至ったところでただのロボットに過ぎないわけだ。
最近では相席居酒屋や相席バー、相席カフェなるものも出てきて、男女が集い初対面同士で楽しく飲食ができるシステムの店が増えてきた。
もちろん性風俗の店ではない。
人間の温かみを感じられる場所。だから、人はそこに惹かれるのではないか。
少なくとも最盛期のテレクラは声だけでもそれがあった。
出会いだけでなく、本気と本気が重なるサービス、つまり 本気の人間が交じり合うサービスこそが真のコミュニケーションサービスなのだ。


名人倶楽部

テレフォンセックスビギナーにはあまりオススメできません。SM、アナル、スカトロ、近親相姦など…。 変態なアナタをガッチリ受け止めてくれるお相手が見つかることは間違いありません。